PROJECT: C4M37L1A Closing Thoughts

Updated: Jan 14

THIS BLOG POST CONTAINS SPOILERS FOR THE "PROJECT: C4M37L1A" SONG. IF YOU HAVE NOT LISTENED TO IT YET, PLEASE DO SO HERE: このブログ記事には「PROJECT: C4M37L1A」の楽曲のネタバレが含まれています。まだお聴きになっていない方は、こちらからお聴きください。Project: C4M37L1A - Tristan G. - YouTube

 

With the release of "Project C4M37L1A", I decided to write down my thoughts as to how this project was created, released, and what I could have done better. I also wanted to write this post to give people an idea of the creative process of this song. 今回、「Project C4M37L1A」をリリースするにあたり、このプロジェクトがどのようにして生まれ、リリースされたのか、また、もっとこうすればよかったのではないかと思うことを書き留めておくことにしました。また、この曲の制作過程を知ってもらいたいと思い、この記事を書きました。


Another thing I will mention is that I am using a translation service to write the Japanese translation. It may not be accurate, so if you find any mistakes, please contact me at tristan.gaylord7@gmail.com with the correct fix. もうひとつ、日本語訳の執筆には翻訳サービスを利用していることをお伝えしておきます。正確ではないかもしれませんので、もし間違いを発見された場合は、正しい修正方法を tristan.gaylord7@gmail.com までご連絡ください。

 

The first thing I would like to talk about is how the project was created. The first draft of the project was created back in May of 2021 (May 3rd, to be exact), but we had planned this project way back in the middle of March. Almost a month and a half before we had released Alternate World, we had already begun plans on our next large project. It might seem as if I am too ambitious for my own good... まず最初に、このプロジェクトがどのようにして生まれたかについてお話したいと思います。最初の原稿ができたのは2021年の5月(正確には5月3日)ですが、このプロジェクトを企画したのはずっと前の3月中旬でした。Alternate World」をリリースする約1ヵ月半前には、次の大きなプロジェクトの計画が始まっていました。自分では野心が強すぎると思われるかもしれませんが...。


About four days before the release of Alternate World, I began the first draft of the new project. I only managed to complete the opening sequence during that time, but it was very basic. It wasn't until mid-July that I began to take the project seriously again. By the end of July, I managed to reach the part just before the first drop. Alternate World』の発売日の4日ほど前から、新しいプロジェクトの第1稿を書き始めた。その間にオープニングだけは完成させましたが、とてもベーシックなものでした。このプロジェクトに再び真剣に取り組むようになったのは、7月中旬になってからです。7月の終わりには、最初の落下地点の手前まで到達しました。


In August, I worked on this project non-stop. On August 6th, I managed to reach a point where I was satisfied enough to give a preview of what I was working on. This preview, ironically, never got released to anyone. 8月はノンストップでこのプロジェクトに取り組みました。8月6日、なんとか納得のいくところまで来たので、今作っているものをプレビューしてみました。このプレビューは、皮肉にも誰にも公開されなかった。


I did take a few days off for a break, picking up the project again on August 12th. On August 16th, I had finished the second section, and ready to move on to the slow part. Admittedly, I didn't know how to implement this section into the song, but after some workarounds, I had finished the slow section on August 29th. その後、数日間の休暇をとり、8月12日にプロジェクトを再開しました。8月16日、私は第2セクションを終え、スローパートに移る準備ができていました。確かに、この部分をどのように曲に反映させればいいのかわからなかったが、いくつかの回避策を経て、8月29日にスローセクションを完成させた。


The final section was finished soon after, and the first version of the final song was completed on September 3rd. After some audio adjustments in Jummbox, the final version of the song was finished on September 6th. I had to adjust the volume and metadata information in Adobe Audition afterwards, but the song was completed at a level I felt comfortable with. その後すぐに最終セクションが完成し、9月3日に最終曲のファーストバージョンが完成しました。Jummboxでのオーディオ調整を経て、9月6日に最終バージョンの曲が完成しました。その後、Adobe Auditionで音量やメタデータの情報を調整する必要がありましたが、自分が納得できるレベルの曲が完成しました。

 

Next, I would like to talk about the release of this song. From the very beginning, I had always wanted to create a song that could be described as a mixture of two of Camellia's songs, Tojita Sekai from "heart of android" and Arche from "Blackmagic Blazing". These songs had a calming atmosphere to them before their build-up, so I wanted to create a song that had an exciting build-up and a calm section in it as well. 次に、この曲のリリースについてお話したいと思います。最初から、Camelliaの2つの曲、「heart of android」のトジタセカイと「Blackmagic Blazing」のアルケを混ぜたような曲を作りたいと思っていました。これらの曲は、盛り上がる前の落ち着いた雰囲気を持っていたので、盛り上がる部分と落ち着いた部分を併せ持った曲を作りたいと思いました。


The music video for this song was created in After Effects, and took multiple attempts to render. I had wanted to render the music video in 4K resolution, but there were some issues with the upload. Because I didn't want my computer to almost overheat again, I had to settle for a 1080p upload that would render in 3 hours, as opposed to the 13 hours it took to render the original video. この曲のミュージックビデオはAfter Effectsで制作され、何度もレンダリングを試みました。このミュージックビデオを4K解像度でレンダリングしたかったのですが、アップロードに問題がありました。コンピュータがオーバーヒートしそうになるのを避けるため、元のビデオのレンダリングに13時間かかったのに対し、3時間でレンダリングできる1080pのアップロードで我慢することにしました。


I had wanted to create the music video in the style of many of Camellia's other uploads, so I had used three different audio spectrums. One was shifted slightly to the right from the original, and one was in the line setting above the original. There are some parts that are not perfect, but it was at a point where I felt satisfied with it. 今回のミュージックビデオは、Camelliaの他のアップロード作品のようなスタイルにしたかったので、3種類のオーディオスペクトラムを使用しました。1つはオリジナルから少し右にずれ、1つはオリジナルの上のライン設定になっていました。完璧ではない部分もありますが、自分でも納得できるレベルになりました。

 

Finally, I will talk about what I could have improved with this project. For the song, the slow sections could have had vocals, but I was not confident with my own singing voice. I also could not find any good vocal software to use, so I had to leave the vocals out of the final product. While there are official lyrics, I would like to see people create their own vocals for this song! If you would like an instrumental version to incorporate these vocals into your work, please email me first at tristan.gaylord7@gmail.com . 最後に、今回のプロジェクトで改善できた点についてお話します。この曲では、スローな部分にボーカルを入れることができましたが、自分の歌声に自信がありませんでした。また、良いボーカルソフトが見つからなかったので、最終的にはボーカルを省くことになりました。公式の歌詞もありますが、この曲のボーカルをみんなで作ってほしいですね! これらのボーカルを作品に取り入れるためのインストゥルメンタル・バージョンをご希望の方は、まず tristan.gaylord7@gmail.com にメールをお送りください。


The music video could have had a section where the background glitches would react to the drops of the music, but due to time constraints (and my computer nearly exploding again), I had to leave this out. ミュージックビデオでは、音楽のドロップに合わせて背景のグリッチが反応する部分があったのですが、時間の関係で(そしてまたパソコンが爆発しそうになったので)、これは省かざるを得ませんでした。

 

One final remark: This song is being released in Japan on September 28th, Camellia's birthday. It would be safe to say that this song is a tribute to Camellia, for their hard work on all of the amazing songs that they have produced in the past 20 years. Of course, by the time this song releases, it would only be September 27th here, so the reference may not make sense in some regions. 27 is still a good number though, so I guess this is wonderful for all of us. 最後に一言。この曲が日本で発売されるのは、カメリアの誕生日である9月28日です。この曲は、Camelliaが過去20年間に制作した素晴らしい曲の数々に対する、Camelliaへのトリビュートであると言ってもいいでしょう。もちろん、この曲がリリースされる頃には、日本では9月27日になっているので、地域によってはこの言及が意味をなさないかもしれません。27はまだ良い数字なので、これは私たちにとって素晴らしいことだと思います。


Thank you for reading, and please enjoy "PROJECT: C4M37L1A"! And to Camellia, I would like to wish you a happy birthday, and congratulations on your release of U.U.F.O! (I really love "POLYBUIS GB SPEEDRUN" , "Kisaragi" , "AREA52", and "Myths You Forgot" !) ご覧いただきありがとうございます。また、「PROJECT: C4M37L1A」をお楽しみください。そして椿さんへ、お誕生日おめでとうございます!そして『U.U.F.O.』発売おめでとうございます。(POLYBUIS GB SPEEDRUN」、「如月」、「AREA52」、「忘れられた神話」が大好きです!)。) - Sincerely, Tristan G.

Recent Posts

See All